Web 句 会 入選発表

 


11月25日〆切>  課題 「硬い」 入選発表

<選 者>       尾藤 一泉
    
<入選作品>

最近、地方公共団体における裏金の問題がよを騒がせているが、領収書のハッキリした生き方は正に堅物の証。振返る足跡の領収書は、人生そのものを映す。

関西の笑いはコトバそのもので笑わせようとする。また、関西弁独特のイントネーションも笑えるが、かつての「広辞苑」、今日の電子辞書は、曲った言葉を拒む。

人間の意志は、鋼も石をも通す。とくに年を経るとその傾向は強くなるのだろう。同居を拒む母にもそれなりの理由と固い決意があり、これを和らげるものは愛だけ?

硬いナスも漬かりあがると美味しくなる。人生における漬物石はそれぞれだろうが、いい石に押されると、ナス自身も丸くなり、味わい深くなるだろう。

切れ者は一般に筋を通す人間。意志の固さをもった切れる男は、使い方によっては強力な戦力だが、上司が凡人であると持て余してしまい能力が生かせない。

<総評>「硬い」という題で、硬くないという内容の句は残念ながら題との関係において不適当で、多く見られましたがみな落としてしまいました。また、題を読み込んだ句も多かったのですが、この形容詞の場合には、読み込まないほうが句に広がりが出るでしょう。投句中、山田海猫さん、だっ平さん、青山南さんは、惜しいところでした。
 

<賞 品>
    上記5名の方には、尾藤三柳の著書を差し上げます。

    43名の皆様、ご投句ありがとうございました。