さか い  く ら き 
阪井 久良岐

本 名:阪井 辨/幼名:和歌次郎

 号 :久良岐(伎―昭和5・6年頃以降)/
    石城[漢詩]/徒然坊[和歌]/窺雲斎、玉骨庵、へなづち、
    富士見の里人、錦粧軒、継古庵など

生 年:明治2(1869)年1月24日・横浜生れ−昭和20(1945)年4月3日

解 説:明治の川柳復興期の指導者。
    明治36年、「狂句百年の負債を返せ」(「川柳梗概」)という合言葉とともに、狂句否定 
      と古川柳への回帰を訴え、明治の川柳改革を推進した。井上剣花坊と並んで、
新川柳中興の
      祖
とされる。       
   「古句を研究し、古句の快楽味を味ひ、ここに現代に超越した別天地に酔はうと企つる。」
   (「矢車」第1号、明治42年刊)という久良岐の川柳美学から、門下より数多くの古川柳研
   究家を排出した。
    昭和
20年4月3日、心臓喘息で没。青山墓地に葬る(神道)。

主な門下:関口唖竿棒(文象)、金子金彦(金比古)、宮崎三日坊(水日亭)、安藤幻怪坊、顛台師、
   添田唖蝉坊、呑吐坊、今井卯木、渡辺虹衣、正岡容、川村花菱、花岡百樹、西原柳雨、森東魚、
   篠原春雨、伊藤夜叉郎、阪井素梅女、伊藤政女、下山岐陽子、前田雀郎など。


主著作:
「珍派詩文へなづち集」 明治34.12  新声社(詩歌評論集)
    「体育研究角力新話」   明治35.1  鳴皐書院
    「文壇笑魔経」     明治35.5  文星堂
    「川柳梗概」      明治35.9  金港堂(川柳解説書)
    「明治*人伝」     明治36.5  内外出版協会
    「滑稽文学川柳久良岐点」明治37.11金色社(川柳評論と作品集)
    「川柳久良伎全集」1-6  昭和11〜12 川柳久良岐全集刊行会

代表句:桃山の方へ人魂二ツ飛び   (大正1、乃木将軍殉死)
    五月鯉四海を呑まんず志   (千葉市川・国分寺の句碑)
    広重の雪に山谷は暮れかかり (三囲神社の句脾)
    川柳の壁疎開の*しかと抱く (辞世)

直 筆:久良伎染筆のページ     COTTON 阪井久良伎ギャラリー

句 碑:川柳博物館・久良伎句碑

史 料:久良岐史良の保存と公開